貝ボタンのトモイ

大正3年(1914年)以来、高瀬貝・黒蝶貝・白蝶貝・茶蝶貝・アワビ・メキシコアワビ・アコヤ・淡水貝・トレンディーシェル(ターバンシェル)など、様々なタイプの貝ボタンやアクセサリーを生産しています。

材料は、すでに様々な直径と厚さのブランクに加工され、新しい高品質のボタンを生産するための準備が出来ています。

私たちの使命は、レーザー彫刻、手挽き加工機、NC彫刻機など最高の技術を駆使して、お客様のさまざまなニーズにお応えする事です。

また、貝ボタン以外のポリエステル製など樹脂製のボタンのレーザー加工のみのサービスも提供しています。